起業家の皆様へ

  素晴らしいビジネスプランを思いついた―。

   起業家タイプの皆様は、企画力や提案能力が大変優れております。また、環境変化にいち早く対応し、『次に儲かるビジネス』を考える能力も、大変に高いことと考えております。

   銀行員を経験した経営コンサルタントの見解として、『投資と融資は違う』というアドバイスを、ご呈示出来たら幸いです。私自身、大手金融機関を依願退職し、経営コンサルタントとして独立した人間ですので、『起業家タイプ』の人間であることを自覚しております。一方で、金融機関において融資業務を担当していた経験上、ビジネスにファイナンス(融資)を付ける際のノウハウもまた、熟知しております。

   起業家タイプの方々が考える『絶対に儲かるビジネスプラン』と、金融機関が融資を行いたい『ビジネス・事業』は、必ずしも整合的ではありません。起業家タイプの方々の主張・論点と、金融機関の審査ポイントが一致するケースは少なく、経営者は『絶対に儲かるビジネスモデル』を、銀行は『数値計画の妥当性や担保・返済計画』を重視することにより、互いに議論が噛み合わないケースを、数多く目の当たりにして参りました。

   ビジネスプランに対してファイナンスをつける、これは『融資ではなく投資』です。『融資』とは、ビジネスモデルの妥当性はもちろん、その債権(融資)を担保でどれだけ保全(カバー)出来るのか、また事業から生み出されるCF(キャッシュフロー)が返済額と照らして妥当なのか、代表者の個人資産の多寡より(連帯)保証人としての保証能力はあるのか、当行との取引履歴はどれ程で、この融資に当行が付き合う必要が(または付き合うに値する『大義名分』が)どれ程あるのか、など、起業家の方々が考えた『絶対に儲かるビジネスプラン』は、審査ポイントの 『ごく一部の構成要素』にしか過ぎません。

   私自身が起業家タイプの人間であり、また銀行に融資担当者として勤務しておりましたので、お互いの葛藤や憤りは非常に理解できるところでもあります。銀行勤務の経験を生かし、起業家の皆様と、銀行の融資担当者との『調整役』・『潤滑油』としての役割を果たすことが出来れば、と考えております。

   新たなビジネスプランがある、新規事業を創出したいなどのお考えのある方は、全力でサポート致します。
お問い合わせフォームからのご連絡を、お待ち致しております。

アーカイブ

ffi   fe   recruit   blog