代表者経歴

aoki-apm-02アジア太平洋マネジメント 代表 青木道生

経歴

平成17年3月:立命館アジア太平洋大学アジア太平洋マネジメント学部 卒業
平成17年4月:地方銀行入行
平成22年2月:同行 依願退職
平成22年3月:アジア太平洋マネジメント創業 代表就任
平成23年12月:アジア太平洋マネジメント 福岡オフィス 設立
平成24年8月:有限会社ワンフォーオールコーポレーション 取締役就任
平成26年11月:有限会社石川商店 常務取締役就任
平成28年4月:株式会社アジア太平洋トレーディング設立 代表取締役就任

専門分野(大分類)

● 企業再生・経営改善
● 間接金融(銀行融資)
● 事業計画・経営改善計画等策定
● 諸規程整備等の組織内制度設計
● 創業支援
● 研修講師(主として金融・管理会計分野)

公職等

● 中小企業大学校(広島校・直方校・人吉校)講師
● 公益財団法人北九州産業学術推進機構 登録専門家・窓口駐在員
● 中小企業庁委託事業ミラサポ 登録専門家
● 北九州商工会議所 商工調停士・登録専門家
● 福岡商工会議所 登録専門家
● 宮崎商工会議所 登録専門家

プロフィール

地方銀行での法人融資業務を経て、平成22年に財務・金融分野に特化した中小零細企業専門の経営コンサルタントとして独立する。債務超過企業の経営改善や、起業独立時の創業ファイナンス等を得意分野とするが、「その場限りのファイナンス(融資)は、融資ブローカーの仕事」と割り切っている。本質的な経営改善や創業時の円滑なスタートは、融資のみではなく、当該企業と寄り添いその後の体制を継続的にモニタリング(管理)する必要がある。

金融機関の格付や債務者区分、自己査定等を熟知し、金融機関が付与する格付・債務者区分の値を上方遷移出来るよう、事業計画書や経営改善計画書等の策定を行い、債務超過の解消を目指す。経営改善計画書等は、「策定」そのものに大きな意味は無く、「達成」させることに意味がある。策定後の徹底した管理・モニタリングを図り、月次にて取引金融機関宛、進捗の報告を行う。

銀行員向けの専門誌「バンクビジネス」の執筆等も行う。企業経営を指導する専門家たちの講師も務め、表面的または一時的な指導・助言を排除し、常に企業経営の本質を突くコンサルティング及び各種セミナー・講義は、高い評価を得ている。

講義・講演実績

● 中小企業大学校広島校講師
● 中小企業大学校直方校講師
● 中小企業大学校人吉校講師
● 独立行政法人中小企業基盤整備機構主催セミナー(沖縄含む九州各県)
● 公益財団法人北九州産業学術推進機構主催セミナー
● 公益財団法人福岡県中小企業振興センター主催セミナー
● 北九州市産業経済局中小企業振興課主催セミナー
● 北九州市ものづくり光継会主催セミナー
● 税理士会小倉支部主催税理士向けセミナー
● TKC九州会北九州支部税理士事務所向けセミナー
● 長崎県諫早市大手総合会計事務所主催セミナー
● 地方銀行主催講演会
● 積水ハウス株式会社「資産活用大学」講師
● 日本生命保険相互会社主催セミナー
● 福岡商工会議所主催経営指導員向け研修会(基礎・中堅・上級)
● 宮崎商工会議所主催伴走型小規模事業者支援推進事業セミナー
● 宮崎県中小企業団体中央会主催講演会
● 福岡・熊本・宮崎・大分・鹿児島・山口各県商工会議所・商工会等主催セミナー
● その他、西日本各地の商工会議所・商工会等主催セミナー
● その他、公的機関及び上場企業を含む民間企業での研修・講演等

アーカイブ

ffi   fe   recruit   blog